nakamura料理男子特設ページ

  • facebook
  • twitter

もっと経験を積みたいという思いから、大学の調理実習に加えて専門学校でも調理技術を学ぶ5人の料理男子にインタビュー。

写真左から
栄養科学部 フード・マネジメント学科 江藤 倖平さん(福岡県・朝倉東高等学校出身)
栄養科学部 栄養科学科 小浦 海人さん(大分県・大分高等学校出身)
栄養科学部 栄養科学科 和田 光貴さん(沖縄県・小禄高等学校出身)
栄養科学部 栄養科学科 高木 愛斗さん(福岡県・筑前高等学校出身)
栄養科学部 フード・マネジメント学科 福田純平さん(熊本県・必由館高等学校出身)

中村学園大学に通いながら、調理師科夜間コースで学ぶ『ダブルスクール』生活を送る5人の男子学生たち。
夜間コースは週に4日。
18時40分から21時45分まで授業があり、「夜は学校とサークル、アルバイトでほとんど自由な時間はありません」と口を揃えます。
栄養科学部の栄養科学科、フード・マネジメント学科と、在籍する学科は異なりますが「食に関連した調理技術を身に付けたいと思って」と、5人はそれぞれの将来を見据えてダブルスクールの道を選択したのです。
試験や実習と多忙な日々を過ごしながらも「専門学校に入学してよかった」と話します。

大学で栄養学や食品科学の知識を深め、専門学校で調理のスキルを磨く料理男子たち。食への探求心は今日も尽きることがありません。