大学4年間の・短大2年間の成長日記

入学する前はぼんやり夢を描くだけだったナカムラ生が
どのように夢を見つけたのか、4年間または2年間のキャンパスライフを通してご紹介。

社会人に求められるマナーや知識を丁寧に教えてくれます 短期大学部 キャリア開発学科 2016年度卒業 南国交通株式会社 綾戸 夏美さん 福岡県 久留米商業高等学校出身

短期大学部キャリア開発学科を志望した理由は?

a

将来、どのような仕事をしたいのかまだ決めきれなかったので、幅広く学べる学科に進み、社会で働く力を身に付けながら就職までの準備をしたいと思って志望しました。簿記などを学ぶので商業高校の延長のようなところも決め手に。2年間は短いと思いましたが、早く社会で働きたい気持ちがありました。

入学した当時は
どんな思いでしたか?

a

第一希望で目指していた大学ではなかったのですが、自分を受け入れてくれたこの場所で、学生生活を有意義に過ごそうと決めました。できるだけ多くの経験をしようと資格取得や海外研修、授業の空き時間を利用して賃金を得る「スチューデントジョブ」活動などに挑戦しました。

就職に有利とされる資格を
積極的に取得するために勉強

就職に有利とされる資格を
積極的に取得するために勉強

1年次は社会で役立ちそうな資格取得の勉強に専念。秘書検定準1級やPC検定3級の合格、TOEICでの高スコアを目標に勉強をする。秘書検定やPC検定はキャリア開発学科では必須の資格なので、授業で行き詰まったときは各分野の専門の先生たちからいつもアドバイスをもらっていた。

語学力を試した海外研修で
グローバルな視野を身に付ける

語学力を試した海外研修で
グローバルな視野を身に付ける

高校生のときに勉強した英検や、1年次に頑張ったTOEICがどこまで通用するか、生の英語を試すために海外研修の授業を選択。研修先であるカナダでホームステイを経験し異文化交流に興味を持ち、国際交流のゼミでも積極的に取り組んだ。

興味・関心があれば挑戦を!
自ずとやりたい事が見えてきます

キャリア開発学科は就職先の選択が広いので、将来の夢が決まっていなくても、興味・関心のあることを勉強しながら見つければいいと思います。卒業生は事務職が多いですが、ホテルや航空、旅行業界でも幅広く活躍しています。2年間で社会人に必要な知識、マナーやおもてなしを学ぶので、4年大学の学生と比べても引けを取らないと思います。