学部学科

教育学部 児童幼児教育学科

子どもの健全な成長を支える先生になる!

児童幼児教育学科ってどんな学科?

建学の精神を体現した人間性豊かな教員や保育士を養成することを目標としています。具体的には、乳幼児と児童の教育ならびに保育に関する高度な専門性と実践力を備え、教育や保育の分野で熱意と使命感をもって活躍できる人材を養成します。

学びのポイント

POINT01

夢を実現する免許・資格!

POINT01

教育学部には、「小学校教員養成系」と「保育者養成系」の2通りの進路があり、卒業時までに上記の免許・資格が取得できます。

POINT02

保育現場を体験する
機会が豊富!

POINT02

本学付属のあさひ幼稚園・壱岐幼稚園、姉妹法人のおひさま保育園と連携しており、保育現場を体験する機会が豊富にあります。

POINT03

発達支援センターとの
連携授業!

POINT03

子育て支援や発達障がい者、肢体不自由者を対象とした施設など、センター主催の活動に学生も参加し、経験を重ねます。

取得できる免許と資格

●小学校教諭一種免許

●特別支援学校教諭一種免許(知的・肢体・病弱)

●幼稚園教諭一種免許

●保育士資格(国家資格)

2018年度 小学校教員採用試験合格状況(2017年実施)

取得できる免許と資格

将来活躍できる進路

●小学校教諭・幼稚園教諭・特別支援学校教諭など教職の分野

●保育所、児童福祉施設など児童福祉の分野

●保育および教育の専門的素養に基づいて社会に貢献する職業

●大学院などへの進学

大学の特徴は、ゼミ活動!

大学・短期大学部の学びでよく聞く「ゼミ」とは、学生の興味ある分野を学べる少人数制の授業のことです。学生自らが研究・調査・発表を行うことで、実践力を身に付けます。ここでは学科の代表的なゼミをご紹介します。

PICK UP

笠原ゼミ

笠原ゼミ

教育現場における諸問題を
心理学的アプローチで研究する

「子育てに悩む保護者について研究したい」「里親について研究したい」学生が関心を持つ主に保育・学校領域における教育者の役割をはじめ、子育てや児童虐待などの諸問題について考えます。専門分野である“心理学的手法”を用いて調査・研究を行い、事実関係を明らかにし新しい知見を論文にまとめます。今後、激しい社会の変化に対応した教育指導ができる人材が必要となってくるので、研究論文の制作過程で、問題点を発見し自分で考える力を身に付けてほしいと思います。

笠原ゼミ

笠原ゼミ

PICK UP

西村ゼミ

西村ゼミ

“歌えるクラス”を目標に
音楽教育における実践力の育成

小学校で教鞭を執っていた経験から、教育の基本に掲げているのが「歌えるクラスは学級崩壊しない!」です。学生が興味関心のある音楽をテーマに研究し、ゼミで模擬授業をしたのち、学生によっては小学校での検証授業に進みます。音楽が好きなクラスになるように、音楽指導を通して現場ですぐに学習指導ができる実践力を身に付けます。

西村ゼミ

西村ゼミ

PICK UP

山田ゼミ

山田ゼミ

自由な研究テーマで
乳幼児現場の問題を考える

通常のゼミでは具体的なジャンルがあるのですが、山田ゼミは特にジャンルを設けていません。乳幼児保育の現場にあるさまざまな問題の中から学生が興味関心のある内容を自由にテーマ設定して研究していきます。主な活動としては論文の読み深め、仲間との討論、乳幼児の現場に携わっている方々へのインタビューです。これらの活動を通じて各自の研究テーマに対する問題解決の方法や自分なりの保育観を探索し、「自分を見つめる」「知らない自分に出会う」ことを大切にしています。

山田ゼミ

山田ゼミ

教育学部 児童幼児教育学科について
さらに詳しくみる(本サイトへ)