ナカムラBlog

ネスカレッジプロジェクト①

2018.9.21 F・Mプレス

フード・マネジメント学科では、ネスレ日本株式会社との協働プロジェクト「ネスカレッジプロジェクト」に取り組んでいます。

このプロジェクトは、フード・マネジメント学科1・2年生の有志11人のメンバーで、5月末からスタートしました。ネスレ日本株式会社九州支社の川端様によるご指導のもと、「大学生の課題をコーヒーで解決しよう!」というテーマに取り組んでいます。

「朝の授業が眠くてつらい」

「知らない学に話しかけるきっかけがない」

という大学生の共通の悩みを解決するため、6月末にコーヒーを利用したテストプロジェクトを2グループに分かれて実施しました。

 

 

1つは『Start a day』をテーマに、朝一番の1限の授業前に、登校してくる学生にアイスコーヒーを配布。

冷たくスッキリしたコーヒーが眠気を覚まし、朝の授業に効果的でした。

2つ目の『Start a Conversation』は、コーヒーを会話のきっかけにする狙いで企画。

事前にコーヒーの引換券を配布し、バリスタで淹れたホットコーヒーとスティックタイプのカフェオレの2種類から選んでもらい、手渡ししました。


チケットの表面には受け取った人へのメッセージを記入できるようにし、話したことのない学生との接点を持てるよう、工夫しました。

2つのテストマーケティングを経て、大学生のコーヒーに対する意識を考察し、次の展開を企画中です。食品企業におけるマーケティング・プロモーション・流通をリアルな体験として学びを深めています!