入試の種類

3

試験入学選考(後期日程)

大学では2科目の学力試験を実施。(短期大学部では実施していません)
栄養科学科、フード・マネジメント学科を志願する者は、高等学校もしくは中等教育学校で「化学基礎」「化学」「生物基礎」「生物」のいずれか1科目を履修していること。(旧学習指導要領履修者は「化学Ⅰ」又は「生物Ⅰ」を履修していること)

大学入試センター試験利用
入学試験(後期日程)

大学入試センター試験の成績を基に判定!本学の個別学力試験は課しません。

英語の資格・検定試験活用制度があります

詳しくはこちら

合格チャンスが広がる! 前期試験では併願も可能!

入試種別 入試日程 学部・学科 出願

大学
試験入学選考

3/4(月) 栄養科学部 栄養科学科
左記の内
いずれか1つ
栄養科学部 フード・マネジメント学科
教育学部 児童幼児教育学科
流通科学部 流通科学科
入試種別 入試日程 学部・学科 出願

大学入試センター
試験利用入学試験

栄養科学部 栄養科学科
栄養科学部 フード・マネジメント学科
教育学部 児童幼児教育学科
流通科学部 流通科学科

最大で①+②+③+④+⑤の
5併願まで可能です!

詳しくはこちら(入試要項)

出願方法について

本学はインターネット出願を導入しています。
紙願書での出願はできません。
詳細は8月中に公開いたします!

※特別入試(大学院、社会人、編転入、外国人留学生入試、帰国子女)は、インターネット出願ではなく、紙出願のみです。

24時間
出願可能!

パソコンで
簡単出願!

検定料の
支払口を
選べる!

記入ミス、
計算ミスを
軽減!

出願方法についてさらに詳しくみる

在学生の声

試験方式:試験入学選考(前期日程)
試験科目:英語・数学・生物

栄養科学部 栄養科学科1年
西原 千晴さん
(沖縄県 那覇国際高等学校出身)

コメントを見る

Q. 受験科目の各勉強法を教えてください!

【英語】
センター試験と同じ選択方式だったので、文法、熟語、単語を優先に勉強しました。苦手な英語は、問題集と過去問を3回くらい繰り返し解きました。
【数学】
センター後の勉強時間があまりないので苦手な単元を集中的にやりました。数学は公式とやり方を覚えておけば解けるので、“解きながら覚えて理解する”を意識しました。
【生物】
生物は過去問を見てナカムラの出題傾向をつかみ先生と相談したうえで、応用まで手を広げないことに決めました。基礎を固めた方が点数を取れると判断し、学校の教材を中心にいろんな出題形式に慣れるようにしました。

Q. 高校生にメッセージをお願いします!

国公立大と私大の両方を受験する人は、センター試験後から前期試験までの時間がありません。私はセンター試験で失敗してしまいましたが、きちんと切り替えて前期試験までの予定を立て一日10時間勉強をしました。試験科目が多いほど効率よく勉強するためにスケジュールを組むことが大切だと思います。私は年間と1カ月ごとの大まかな予定と復習日も設けた1週間の予定を立て、計画的に取り組むことができました。

試験方式:試験入学選考(前期日程)
試験科目:英語・数学・化学基礎

栄養科学部 フード・マネジメント学科2年
鎌田 菜摘さん
(福岡県 城南高等学校出身)

コメントを見る

Q. 受験科目の各勉強法を教えてください!

【英語】
模試で文法問題と長文読解が苦手なことが分かったので、受験生がよく活用する問題集と高校から支給された教材、センター演習で勉強しました。英語は毎日勉強をしないと忘れてしまうだけでなく、結果が出るのにも時間がかかるため、一番時間を使いました。
【数学】
比較的得意な数学は塾の先生と満点を取ることを目標に、応用よりも基礎を確実に解けるようにしました。フード・マネジメント学科は新設されたばかりだったので、他学部の過去問5年分を解きました。公式などの暗記は問題を解きながら覚え、解けなかったら解説を1行見て、それをヒントに再度解くようにしました。コツは問題のパターンを覚えることです。
【化学基礎】
化学基礎は範囲が狭かったので、勉強をしやすかったです。高校でもらった問題集を繰り返し解き、覚えられなかった内容だけノートに書き出して見直しました。過去2年分のセンターの化学基礎も役立ちました。

Q. 高校生にメッセージをお願いします!

私は本命の本学科に受かることを前提に、“1位で合格し特待生になること!”を目標に掲げました。周囲にも公言し、特待生で入学することができました!目標があるとやる気も違います。

試験方式:推薦入学選考 公募制
試験科目:面接・小論文・基礎学力テスト(国語・英語)

教育学部 児童幼児教育学科1年
藤山 奏音さん
(長崎県 長崎商業高等学校出身)

コメントを見る

Q. 受験科目の各勉強法を教えてください!

【国語・英語】
国語は漢字と四字熟語、英語は文法と単語を中心に勉強をしました。高校の先生に教材を紹介してもらい、繰り返し解きました。私は口に出して読むことで頭に入っていくタイプだったので、言いながら書いたり見たりして暗記をしました。
【小論文】
何を書けばいいのか分からなかった苦手な小論文は、まず書く前に①要約の時に大事なポイントとなる箇所に線を引く②それに対して自分の考えを整理するようにしました。自分の考えとは、経験や体験から感じたことで、例えば子供の頃に職場体験をしたことや日常の出来事、スマホでチェックしていた子供関連のニュースを私なりの考えに変えて盛り込みました。
【面接】
面接の練習は高校の先生にお願いして指導をしてもらうのがいいと思います。志望動機はもちろん、長所や短所などよく聞かれる質問はノートにまとめました。私の場合、部活の経験が面接に活かされました。

Q. 高校生にメッセージをお願いします!

「推薦で大学に行きたい!」と思っている高校生は、1年次から評定を意識して学期ごとのテストや学業以外の活動を頑張ってください。そうすることで推薦枠をもらえるチャンスが広がるからです。

試験方式:推薦入学選考 指定校制
試験科目:面接・小論文・基礎学力テスト(国語・英語)

流通科学部 流通科学科1年
小川 大輔さん
(大分県 中津北高等学校出身)

コメントを見る

Q. 受験科目の各勉強法を教えてください!

【国語】
過去に受けた先輩の報告レポートから出題傾向をつかみ、漢検準2級レベルの漢字を中心に四字熟語とことわざを繰り返し覚えました。過去問3年分、ナカムラの全学部の問題集を解くほか、漢字検定アプリも活用しました。
【英語】
一番苦手な英語は、不定詞の使い方などを中学基礎から見直しました。敬遠されがちな長文は穴埋め形式なので、文法の暗記に絞って勉強し、意味が分からない単語も調べる習慣をつけました。
【小論文】
いきなり書き始めるのではなく、作文との違いを理解し模範解答例を学びました。小論文は大事なポイントはどこか、それに対する自分の考えはどうかを意識して過去問で要約する力をつけました。また、新聞記事は好きなジャンル(スポーツ)を読むようにしていました。
【面接】
高校の先生の指導のもと、何度も面接の練習を重ねることで、自信をもって本番に臨むことができました。練習で質問された内容をまとめた自作の面接ノートはとても役立ちました。

Q. 高校生にメッセージをお願いします!

私は3年の部活引退後も好きなバスケットを続けていて、そこでの練習がメンタルを強くし、受験勉強に打ち勝てたんだと思います。私のように部活(好きなこと)を続けることで勉強のモチベーションも維持できるのであれば、両立もおすすめです。

年間スケジュール

入試に関する日程(願書受付や試験日)

合格発表

説(学外)学外での入試説明会

説(学内)本学内での入試説明会

オープンキャンパス

学園祭